国内ギャンブル事情

日本は偉大なギャンブルの歴史を持つ国です。そして、今も昔も私たちは、ギャンブルが大好きです。しかしながら、ほぼすべてのギャンブル施設を規制したり、合法化を妨げたりする法律には問題があります。ギャンブル産業は世界で最も強力な産業の1つであり、ここ数年の間で、日本政府は日本経済や国内総生産におけるギャンブル業界の経済的重要性に気づいたようです。

日本のギャンブルへの規制は非常に興味深いもので、取り上げるに値する話題です。国内には許可された実店舗のカジノはありませんが、パチンコ、宝くじ、そしてスポーツ賭博など、合法で楽しめるギャンブルは存在します。スポーツ振興投票(SPV)の実施などに関する法律によってスポーツ賭博が合法化されたのは1998年5月10日のことでした。現在は、サッカー、オートレース、競輪、競馬、そして競艇などが認められています。

日本で最も人気の高いギャンブルは、依然としてパチンコですが、これとは別に、公営ギャンブル、とくにスポーツ賭博が高い人気を誇っています。

パチンコ

パチンコは日本人を最も虜にしたゲームです。多くの日本人が、仕事が終わった後に近くのパチンコ店でパチンコを楽しんでいます。小額からの賭けが可能です。西洋のスロットとは異なり、ゲーム内で当たれば、玉やその他のボーナス特典をゲットできます。

パチンコ店の店内はかなり広く、多くの機械が設置されており、瞬きを忘れるほどお気に入りのゲームに熱中している人がたくさんいます。景品には、たばこ、チョコレート、鉛筆、ライターのようなものがあります。近くの換金所で、現金への交換が可能な特殊景品もあります。

競馬

日本で最も人気の高いギャンブルの形態はスポーツ賭博です。他国で競馬は「王様のスポーツ」として装飾的な馬具を用いて楽しまれる傾向にありますが、日本では賭けをすることに重点が置かれています。

競輪

こちらは第二次世界大戦後に普及した国内スポーツです。競輪は競馬よりも多くのファンを抱え、賭けの仕組みも常に最先端のものを採用してきました。選手は、オートバイによる誘導に続いて、集団でバンクを周り、着順を競います。

宝くじ

宝くじは主に駅や百貨店の近くで販売されています。過去には、百貨店で発行されるクーポンを購入し、そのクーポンの所有者のみが実際の宝くじ券を購入できるという仕組みだったこともあります。今日では、直接宝くじを購入することができますが、指定の販売店でしか購入できません。

日本におけるオンラインギャンブルの未来

国内で、カジノを含む統合型リゾートが実現したとしても、カジノに対しての厳しい規制により、日本国民は週に3回までしか、カジノへの入店は許可されません。オンラインカジノは、依然としてグレーゾーンにあります。

政府は、ギャンブル業界への投資を通じて、観光業界への積極的な参入への意志を示してきました。日本の法律はギャンブル業界を後押しするものではありませんが、将来的には国と業界との両者が、ともに納得できる折衷案が見つかるでしょう。カジノの建設にあたって、日本が、世界的に見ても、最高の立地条件を満たしているというのは、紛れもない事実です。